爪水虫のときのフットネイルについて

爪水虫のときのフットネイルについて

爪水虫だとなかなか人前で足を露出するのに勇気がいりますよね。爪がぼこぼこで、それをごまかすためにフットネイルをしがちですが、実はそれは、治療にはかえってよくないことなのです。

 

爪水虫の薬は爪の奥深くの爪床という部分に働きかけ、元気な爪になるようにします。フットネイルをしていると、ネイルの部分が薬の浸透を妨げてしまうので、結果的にどんどん治りにくくなってしまいます。少し恥ずかしいですが、爪水虫の治療をする間のフットネイルは控えた方がよいでしょう。

 

私も以前は爪水虫に悩んでいました。そんなときに、クリアネイルショットという治療薬を見つけ、使用しました。他の治療薬と違ってジェル状なので塗りやすく液体の薬とは違い垂れないので無駄なく使えました。

 

使い続けるうちに爪の表面のぼこぼこが少なくなり、今はつま先の出ているサンダルを履けるまでになりました。爪水虫で悩んでいるけど、どの薬を使えばいいのか分からない、という方にはクリアネイルショットはおすすめです。

 

使い方も簡単で、入浴後の清潔な足で気になる爪の部分や、知目と皮膚の境目に塗るだけです。どんな薬でも効果はすぐに出ないので、継続して使用することをおすすめします。