薬は医師の判断を仰いだ方がいい

薬は医師の判断を仰いだ方がいい

爪水虫に発症した場合、薬で治療する方法として一般的なのが、足裏の水虫と同じように塗ることで患部を治療していきます。このほかに、錠剤もあります。薬局では足裏の水虫用はよく売っているのですが、爪水虫用はあまり売っていません。

 

ですから、病院で処方してもらうか、個人で購入することが主流となっています。私は、爪に異変が生じてから、病院に行きました。そして、病院で処方されたのが塗り薬と錠剤です。このとき、身体にも感染が及んでいましたので、これらの菌を殺すために錠剤も少し処方されました。

 

ただし、錠剤の扱いには注意が必要です。これは一種のステロイド剤ですので、素人の判断で長期間に及んで使用することは危険なのです。このようなものは、医師の指示に従って使用することがいいでしょう。

 

これらのものは、インターネットで個人輸入として購入することはできます。さらに、ジェネリックも販売していますので、とても格安で購入することができます。もちろん、使用して副作用が出たとしても何も補償はしてくれません。すべて自己責任になります。

 

副作用の症状として、肝臓が弱ることがあります。効果が高い分肝臓に負担がかかる傾向があります。ですから、医師の指示に従って服用することをお勧めします。

 

 

爪水虫に感染した手で料理を作ると

爪水虫が手と足に感染してしまって、日頃から料理を作るので他の人にも感染するのか心配になる事がありますが、基本的に料理から他の人に感染する事はないです。

 

爪水虫は、感染力が高いので手や足にも感染しやすいですが、皮膚の病気なので口から食べてしまったとしても胃腸の中で感染するような事がないので安心です。実際爪水虫に悩んでいる時に爪用専用ジェルの商品を使って治療をしていましたが、その薬は硬い爪にも浸透する浸透特化型ジェルで効果的に爪水虫を治すことができました。

 

入浴後に1日1回つけるだけで治療ができるのが便利で、1週間、2週間と続けて使っていくうちに2ヶ月ほどでほぼ完治に近い状態まで回復したので良かったです。回復するまでの間も毎日のように料理を作っていましたが、誰にも感染することなく食事からたとえ菌を摂取したとしても感染しない事がわかりました。

 

ただ爪水虫は見た目にも不潔で汚らしい感じなので、食事に混じっていると考えると気持ち悪いので、日頃から手や足は清潔に保つのがおすすめです。最近は、浸透特化型ジェルのような治療に良い薬が開発されているので、症状が悪化する前に使うことで早期に治癒することが可能です。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら