うん、爪水虫の自然治癒は難しい【ケアアイテムが必要】

爪水虫の自然治癒は難しい

私は今から5年ほど前に爪水虫に感染してしまいました。最初は私は自然治癒するだろうとのんきなことを考え、病院に行くこともなく、市販薬で治療することもなく、放置してしまいました。しかし心配した妻が、爪水虫についていろいろと調べてくれて、爪水虫は自然治癒は難しいということを教えてくれました。

 

そこで私はすぐに爪水虫の治療を始めました。すぐに皮膚科に行き、症状を説明し診てもらうと、私の症状はまだ初期の段階でした。これならば内服薬と外用薬を組み合わせて治療を行えば、早い段階で治すことができるだろうということでした。

 

私に処方された薬は、もっとも一般的なラミシールです。このラミシールの飲み薬を1日1錠ずつ根気よく飲んでいきました。個人差や症状による差もあるけれども、足の爪の場合にはだいたい1年で生えかわるので、その期間で治すことを目指しましょうということでした。

 

私は、初期段階ということで、もっと早く治ると思っていたので、1年間治療をし続けるということでびっくりしました。初期段階でこれなのだから、もっと症状が進めば、もっと治療期間を要していたかと思うとぞっとします。あの時、妻に自然治癒は難しいと教えられ、本当に良かったです。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

爪水虫にはスピリチュアルな力だけでは難しい

以前足の爪がくすんできて、かさかさしたり、ゴワゴワしていました。爪切りで切ろうと思うのですが、うまく切ることができず、靴にあたり痛み感じることがありました。爪水虫になってしまい、清潔にしていればそのうち治ると思い、お風呂でよく洗ったり、休日は靴下を履かずに乾燥させていました。

 

しかし一向に良くならないので、スピリチュアルな対処をしようと思いました。頭の中で爪水虫が治り元のきれいな状態を思い描きながら、ハンドパワーという名付け力を使って手からパワーを出してみました。

 

しばらく足の爪にハンドパワーを与えていたのですが、少しましになったような気がしました。人間頭の中でイメージするとある程度は実現するものだと感心したのですが、やはり完治することはなく、以前のようにまた痛くなってきました。

 

友人も同じ症状で悩んでいて、相談してみると、「クリアネイルショット」を教えてくれました。爪に塗るだけでよく、しばらくすると元の状態になったそうです。早速購入し、お風呂の後に塗っています。

 

スピリチュアルなこともいっしょにすると効果が高まるのではないかと思い、ハンドパワーを込めて「クリアネイルショット」を爪に塗り込んでいます。しばらくすると、今度こそ少しましになってきたような気がしました。

 

 

爪水虫に酢は効果的か試してみて

酢が爪水虫に効果的と聞いたので塗ってみましたが、ニオイが強烈なのが気になりました。それにあまり爪内部には浸透しないようで、爪水虫菌を殺菌できている感じがしません。確かに足のニオイは大幅に軽減したのですが、爪水虫にはあまり効果がないと判断しました。

 

そこでクリアネイルショットという専用アイテムを使用したのですが、これが本当に効果的でした。使用して数日ほどで今までとの違いを実感できたのです。爪がプルプルと弾力性を持っている感じがして、ボロボロが次第になくなっていきました。1ヶ月くらい使用するとかなり変化し、さらに3ヶ月後には見違えるほど綺麗になっていました。

 

酢には殺菌作用があるので体臭対策には役立ちそうですが、爪水虫は改善できませんでした。今使用しているクリアネイルショットは、爪のケアとして今後も使用を続けたいと思います。爪水虫は再発していませんが、クリアネイルショットを使用していると光沢感が違うのです。

 

実際に爪が綺麗になってみると、小さなパーツながら大切なことがわかります。どんなに足のケアを徹底しても、爪が汚れていると綺麗には見えませんでした。クリアネイルショットは爪の本格ケアができるアイテムなので、20%OFFの年間コースで購入しています。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

爪水虫の潜伏期間について

どうやら爪水虫の潜伏期間があるようで、その期間は少なくとも5年はあるようです。私は突然なったように感じていたのですが、それだけ期間が長いと納得がいきます。インフルエンザなんかは潜伏期間が通常2日程度らしく、早ければ1日以内に発熱や咳などの症状が現れるらしいですから、比べてみても爪水虫の潜伏期間は長いことがわかります。

 

当時はプールやジムに通ったりしていましたから、年月が積み重なって発症してしまったのでしょう。

 

しかし肌に付着したとしても、すぐに感染してしまうわけではありません。それまでには猶予があるわけですから、その間にしっかり対策することが出来れば感染を防ぐことが出来るわけです。

 

爪水虫の場合、仮に湿気が100%の環境でいても1日以上はかかることが判明しています。このとき、足の皮膚が傷ついたりしていると更に期間が短くなるらしいのですが、幸いにも私の足はそういったダメージを負っていなかったのでそれだけの猶予があったようです。

 

もし皮膚に菌が付着してしまっても、予防は簡単で洗い流してしまうことで感染を防ぐことが出来るのです。しかし潜伏の期間が長いとなると、うっかり洗い流し損ねてしまったせいで発症ししまうこともあるかもしれません。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

爪水虫に効果がある塗り薬はどんなものがある?

(爪水虫に使用される水虫薬)

 

爪水虫の対策で使用する塗り薬は、薬局やドラッグストアで販売されている水虫薬や、病院に行って処方される外服薬、通販サイトで販売されている爪水虫ケア商品などがあります。

 

薬局やドラッグストアで販売されている塗り薬の場合、足水虫への働きかけには期待できますが、爪水虫への働きかけという点では期待できません。

 

爪水虫は、硬い爪の中に白癬菌が感染している為、足水虫に使う塗り薬を使用しても成分が患部まで届かないという点があります。

 

病院で処方される外服薬は、主にエフィコナゾール系かルリコナゾール系の塗り薬で、使用を続けることで改善効果が期待できます。

 

ただ、病院へ受診して処方されるので、爪水虫改善への効果が期待できるこれらの塗り薬は市販されていません。

 

(通販サイトで販売されている爪水虫の塗り薬は?)

 

通販サイトには、幾つかの爪水虫用塗り薬やケア商品が販売されていて、それぞれ特徴を持っています。

 

人気の高い商品には、エフゲンやDr.G’sクリアネイル、クリアネイルショットなどがあり、エフゲン以外は爪への浸透性を高めているタイプです。

 

エフゲンは、第二医薬品の水虫薬でサリチル酸がウンデシレン酸の浸透を助け患部に働きかける薬で、販売から10年という実績があります。

 

Dr.G’sクリアネイルとクリアネイルショットは、爪への浸透性を高めたタイプの爪水虫ケア商品で、中でも特に人気が高いのはクリアネイルショットです。

 

コストパフォーマンスや爪水虫への働きかけなどの面を見ても、クリアネイルショットはバランスの取れた商品で、患部に塗る成分はジェル状になっています。

 

成分が液体だと、爪に留まる時間が短くなりますが、ジェル状の成分は長く爪に留まることができます。

 

(クリアネイルショットの特徴)

 

爪の表面には親油性の膜があり、油に馴染みやすい特性を持っています。

 

クリアネイルショットは、その特性に着目して有効成分をオイルに包むことで、爪に馴染みしつこい原因に働きかけます。

 

浸透力特化製法の成分は、竹酢液やテルピネン-4-オール、α-テルピネオール、シトラール、シトロネラールなどが含まれています。

 

これらの成分は、殺菌や抗菌などの作用があり、爪の生成をサポートするポリアミンも含まれています。

 

他にも、有効成分の浸透を助けるアボカドオイルやスクワランも配合され、爪全体を保護する働きにも期待できます。

 

クリアネイルショットは、通販サイトでの取り扱いもありますが、お得に購入するなら公式サイトからがおすすめです。

 

⇒爪水虫を自宅でこっそり治したい人はこちら

 

 

 

【こちらもどうぞ】クリアネイルショットの解約方法は!?

更新履歴